憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

アトランティス、ムーなど「超古代文明」の話題

話題のニュース

アトランティス、ムーなど「超古代文明」の話題
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

今、最も旬なニュースや面白い話題や巷の話題、時事問題、特ダネ、裏情報等をタイムリーに発信中。

アトランティス、ムーなど超古代文明は本当に存在したのか?

史実としては残っていませんが、現代文明をはるかに凌ぐ超古代文明が存在したと、まことしやかにささやかれています。超古代文明の代表と言えば、アトランティス、ムー、レムリアではないでしょうか。しかし、そのような超古代文明が本当に存在したのなら、その痕跡はどこかに残っているはずです。そこでアトランティス、ムー、レムリア文明の痕跡に迫ります。

高度な文明があったとされる、アトランティスとは?

(画像はイメージです)

古代ギリシャの哲学者プラトンは著書の中でアトランティスは島でありながらも大陸のような大きさであったと言っています。リビュア(北西アフリカのナイル川より西側の地区)とアジアをあわせた大きさよりも大きい島だそうです。そして、アトランティス人たちは現代人をはるかに凌ぐ文明を持っていたとか。また聡明でテレパシーを使って会話ができたとのこと。しかし、約1万2000年以上前にそのような高度な文明を持っていながらも、一日と一夜で、大地震と津波によって滅んでしまったとか・・・。

アトランティスの痕跡とされるものがあった!

ビミニ・ロード

アトランティスの痕跡と言われているのが、バハマのビミニ島沖にある「ビミニ・ロード」です。水深約5メートルの海域で、1968年にダイバーにより人工的に作られたとしか思えない謎の石組みが発見されました。アメリカ、マイアミの科学博物館の地理学者&考古学者である、マンソン・バレンタイン博士が調査したところ、その石畳状の岩のならびは長さ600メートルにおよび、まるで道路のように見えることから「ビミニ・ロード」と名付けられました。

さらにこの水中の岩は大小の切石が敷き詰められ、直線になっているだけではなく、先端が「J」の文字になっていることも明らかになりました。この岩を調査したところ、なんと約1万5000年前には地表に露出していたことがわかったのです。しかし、多くの学者からは「単に岩がひび割れたにすぎない」という異論が出ます。この異論に対してアメリカの考古学者、デビッド・ジク博士は1975年と1977年に確認調査を行い、ビミニ・ロードは明らかに人工物であり、宗教施設や天体観察用の遺跡だと結論づけました。

ビミニ・ロードがアトランティスの痕跡かどうかは明らかになっていませんが、ロマンがありますよね。バハマ諸島の沖合からは、これ以外にもピラミッド状の構造物や石柱も発見されているんです。アトランティスの痕跡・・・そう考えただけでワクワクしてきます。

太平洋にあったとされる、ムー大陸とは?

(画像はイメージです)

イギリス人作家のジェームズ・チャーチワードの著書によると、今から約1万2000年前に太平洋にあったとされる失われた大陸のこと。ムー大陸はハワイやタヒチ、イースター島、グアムも含む太平洋の中心にある巨大な大陸で、人口は6400万人を数え、人々は豊かな生活を送っていたそうです。ムーには白人で構成される民族が住み、ラ・ムーという太陽神の化身の王が大陸をおさめていたとか。

またムー大陸はアトランティス大陸とほぼ同時期に存在していて、交流があったと言われています。しかし、アトランティスと同じく、火山噴火と津波によって滅んでしまったそうです。

ムー大陸の痕跡はあるのか?

残念ながらムー大陸の痕跡は見つかっていないようです。夢のない話になってしまいますが、ムー大陸があったとされる場所は約1万2000年前も海底だったとか。イースター島のモアイ像がムー大陸の痕跡とも言われていますが、モアイ像は約1000年前につくられたそうなので、年代が大きく異なりますよね。

また、沖縄県与那国島の海底遺跡がムー大陸の痕跡であるとされる、とんでも説も! この遺跡については、ピラミッド状の神殿のようなものもあり、岩が直角にカットされていて、人口的な建造物である可能性は確かにあるでしょう。しかし、この遺跡すら自然にできたものだと唱える人もいますので、真相は藪の中・・・。いまだに見つかっていないムー大陸の痕跡が、見つかる日がくるのか、気になるところです。

実は超オカルトだった、レムリア大陸

レムリア大陸は、1874年にイギリスの動物学者フィリップ・スクレーターが唱えた幻の大陸です。アフリカのマダガスカル島に棲息するキツネザルの近縁種が、海をこえて、遠く離れたマレー半島やインドネシアにのみ棲息していることから、今から5000万年以上前の地球にはインド洋をまたぐような大陸があったのでは、と考えたとか。

その後、ロシアの神秘学者であるブラヴァツキー夫人も著書『シークレット・ドクトリン』の中で、レムリアについて触れています。レムリアは太平洋上にあり、そこにはレムリア人が住んでいたそうです。しかし、知性と自由を獲得したことにより悪に転落し、火山の爆発により滅亡したとのこと。

一般的には後者の説が広まっていて、レムリア人は精神性が高く、次元をこえて移動ができたなど、オカルトな説を唱える人が多くなっていますが、物証は一切ありません。

レムリア大陸の痕跡は果たしてあるのか?

(画像はイメージです)

こちらもムー大陸同様、痕跡は見つかっていません。しかし、アメリカやメキシコなど世界各国で発見されている巨大な骨が、レムリア人の骨だという説を唱える人もいます。一説によると、レムリア大陸にはかつて巨人族が住んでいたとのことなので、これらの骨がレムリア人である可能性も完全には否定できません。ですが、筆者はこれらの骨のほとんどは作り物だと思います。なぜならもし仮に巨人の骨が見つかっていたら、もっと大騒ぎになっているはずですから・・・。恐竜がいた事実は肯定され、巨人がいた事実だけ否定され、大々的に報道されないのは、どう考えてもおかしいと思うのです。

アトランティス、ムー、レムリアと超古代文明はロマンがありますが、現時点ではどの文明の痕跡も見つかっていませんでした。ただし、定説では2500年前に造られたとされているエジプトのスフィンクスが、何のために造られたのかわかっていないように、何千年も前の地球、ましてや数万年前の地球の文明のことなど、今となってはわかりません。

超古代文明を築いた人たちが、何らかの理由で地球上での生活を綺麗に捨て去り、大陸ごとどこか別の星に移り住んだ、もしくは、大陸を消し、地下空洞に移動して、現在も生活しているかもしれないのですし・・・(笑)。かなりオカルト寄りの発想になってしまいましたが、単純に好奇心をそそるトピックとして、超古代文明についてあれこれと想像を巡らすのも楽しいものでしょう。

(引用:TABIZINE)


「男の勝負鞄とは?」

男の気品を醸し出す「ダレスバッグ」の魅力!

ダレスバッグ倶楽部


男の最強ステイタス鞄「アタッシェケース」の魅力

fivewoodsアタッシェケース・オレンジ色\78,000(品番:FW39129) fivewoodsアタッシェケース・チョコ色\78,000(品番:FW39129)


 【無料】3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン

世界的に有名なプロのトレーダーによる3ヶ月の本格投資スクールが
今なら「全編無料」で受講できます。
 
投資の正しい判断基準や知識を適切な方法で学ぶことができます。
100万円を支払っても、日本国内ではそうそう受講できない
洗練された知識を、分かりやすく丁寧に教える質の高いオンライン講義です。
 
なぜ無料なのか?その理由は2つあります。
 
1つ目は、「日本に本物の投資知識を広めたい」という主催者の思いです。
日本で「本格的な投資教育が浸透していない」
事が根本の原因で、少し投資を知っていれば、絶対に手を出さないレベルの
危険で怪しいものに騙されて、資産を失ってしまう方が大勢おられます。
そういった事をなくす為に、本格的な投資教育の先駆けとして
本物の教育を広めたいと考えた事がまず1つ。
 
そして、2つ目は、今回の企画によって、より多くの「投資に興味のある人たち」と接点を持ちたいという主催者の思いです。
これからの時代、投資が日に日に重要性を増して行く中、
一人でも多く「本物の投資知識を学びたい」という方々との関係を築いていくことが事業の発展にとても重要だと考えているのです。 
要するに、一人でも多くの仲間を作りたいというのが本音の思いなのです。
 
そのような目的で始めた企画ですので、 
「途中から有料になる」「後からより高額の商品が紹介される」 
といった事は一切ありませんので、どうぞご安心ください。

3か月間、最後まで完全に無料で、世界基準の投資知識、スキルを学んでいただけます。 この本格投資スクールを受講されたい方は、以下のバナーより、お申し込みください!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ